0

地積更正登記関連の立会が全て完了しました


前回の立会でご臨席いただけなかった隣 2 軒の方と立会をやってきました。

立会

市道並びの隣のお宅とは敷地境界および道路境界、その奥のお宅とは 1m ちょっと接している部分の敷地境界の立会ですが、並びのお隣さんは不動産業ということで特に問題もなく、奥のお宅については隣のお宅からお口添えいただいていたようで、こちらもスムーズに終わりました。

お二方とも無事にご承認いただけ、これで官民および民民の立会すべてが完了しました。あとは市の確認と法務局の調整が無事済めば地積更正登記および道路部分の文筆は無事終わる予定です。

挨拶の重要性

今回思ったのは、やはり挨拶をしすぎることはないなーということですね。土地決済の日に近隣には一家揃って挨拶に伺っていたのですが、測量会社の人曰く、うちの土地から見て奥の土地の方から今回の立会の方に、「立会の声がかかるからはんこを押してやって欲しい」くらいのお口添えがあったそうです。

そういうのを聞くと、やはりこまめに挨拶回りをしておくのは重要だと痛感しました。今回周りの方全てと顔を合わせる機会があり、皆様いい人そうな感じでしたが、とはいえ突然の立会、しかもその意味合いは言うなれば財産の確認なわけです。ぶしつけと取られてもおかしくない話で、そういう意味でもお口添えいただいた結果スムーズに進んだのは間違いないと思います。

造成工事

一方、造成工事の進捗は台風もあり、ほぼ進んでいませんでした。立会のタイミングでようやく晴れたということもあり、コンクリートブロックで

土留め

土留めの築造が始まっていました。

立会が始まる頃はまだ底盤の配筋だけでしたが、立会が終わった頃にはミキサー車が来てコンクリの打設が終わっていた感じだったので、とりあえず近場でお茶を仕入れて差し入れることに。

今回は午前休だったので最後までは見ていませんでしたが、ようやくイメージができる造作ができてきました。

damecoder

コメントを残す