0

建物滅失登記を自分で申請しました


先日、解体が終了したと書きましたが、解体完了後 1 ヶ月以内に建物滅失登記を申請する必要があります。

土地家屋調査士や司法書士に依頼すると 3 〜 5 万円ほどかかるらしいですが、登録免許税がかかるわけではないので、自分でやればその分の出費を 1,000 円程度に抑えることができます。(もちろん自分自身の機会損失はありますが)

ということで、自分で建物滅失登記を申請してみました。

書類の準備

解体業者から貰うべき必要書類

まず解体業者から貰うべき必要書類として、

  • 建物滅失証明書
  • 解体業者の登記事項証明書
  • 解体業者の印鑑証明書

が必要となります。滅失証明書は必要事項が空欄になった状態で社印と捨て印が押されているケースがあるので、この場合は自分で必要事項を埋める必要があります。私の場合も実際にこれだったので自分で記入しました。

不動産登記事項証明書

上記書類が揃ったら、登記申請書を用意します。その際、解体した建物の不動産番号または

  • 所在
  • 家屋番号
  • 種類
  • 構造
  • 床面積

といった情報が必要になります。古家付き土地を購入してすぐなら、おそらく購入時に不動産登記事項証明書またはその写しを貰っているはずで、そこに記載されています。もともと所有していた土地の古家を解体した場合は不動産登記事項証明書がない場合があるので、法務局で取る必要があります。

登記申請書

解体した建物の情報が揃えば、こんな感じで登記申請書を作成します。

建物滅失登記申請書

私は Mac で作ったので、LibreOffice の表計算でちょいちょいと作ってみました。申請内容を抜いたテンプレートを置いておきますので、これをダウンロードして必要事項を埋めると登記申請書が完成します。

必要事項を埋めたらプリントアウトし、名前の右側に押印します。これで登記申請書が完成です。押印は実印だとか認め印だとか諸説ありますが、東京法務局の場合は認め印で ok でした。実印の場合は念のため自分の印鑑証明書も添付しておきます。

なお、軽微なミスであれば、登記官が修正してくれることもあるようです。それに備えて登記申請書のどこかに捨て印を押しておきます

案内図

建物滅失登記の場合、実際に解体されているかを登記官が現地確認に来ます。そのため、建物がどこにあったかの案内図を添付する必要があります。

土地を買ってすぐの場合、購入時の資料で住宅地図がついていたりするはずなので、もしそれがあればそのコピーを添付します。私の場合は何も考えずに Google Maps をプリントアウトして添付しました。

Google Maps

原本還付

登記事項証明書と印鑑証明書の返却を求められている場合は、まずこれらのコピーを取った上で原本還付請求書を作成して添付します。

私の場合、特に業者から返却は求められませんでしたので、原本をそのまま提出することにしました。

申請書類のホチキス止め

書類が揃ったら、申請書類をホチキスで留めます。順番は多少前後してもいいようですが、私の場合、登記申請書→案内図→建物滅失証明書→解体業者の登記事項証明書→解体業者の印鑑証明書の順で綴じておきました。

実際の建物滅失登記申請書一式

申請書の写し

登記完了証が必要な場合は、申請書の写しを用意します。私の場合は同じものをもう1枚プリントアウトして、同様に押印したものを用意しました。

郵送申請

時間に余裕がある場合は、印鑑を持参の上で実際に法務局に行った方がいいと思います。何か不備があってもその場で指摘して貰えますので、結果的に時間の節約が可能です。

余裕がない場合は郵送で申請します。まず、法務省のサイトから管轄の出張所を調べます。私の場合は清瀬なので田無出張所となります。

出張所が分かったら、登記完了証返送用封筒に自分の住所・名前を記入の上、返送用切手を用意します。ベストは 500 円分くらいを貼らずに添付らしいですが、私の場合は長形 3 号の定形封筒に返送用切手を貼って送りました。ここで気をつけないといけないのは、封筒自体は定型サイズでいいものの、返送は簡易書留扱いになるということです。82 円切手のみ貼っていると、簡易書留で送るから 310 円分の切手を送れと電話が来ます。(経験談)

全て準備ができたら簡易書留で郵送します。その際、封筒には「建物滅失登記申請書在中」と書いておきます。

以上で滅失登記申請は完了です。1 週間少々で登記完了証が簡易書留で返送されてきます。

damecoder

コメントを残す