0

[着工34日目/上棟15日目] 電気配線工事開始


諸般の都合で 3 連休は休工だと思っていたものの、現地に行ってみたら普通に工事をやっていました。

電気配線開始

現地に行ってみると玄関横の防水シートが施工されていましたが、防水シートから飛び出る電気コードが……

防水シートと電線

裏に回るとメモが書いてあり、門灯とインターフォンのコードだそうです。そう、電気配線工事が始まっていました。

写真がボケてしまっていますが、各所に

コンセント

コンセント用の気密カバーが施工されていました。

写真を撮り忘れてしまいましたが、分電盤が施工される洗面所部分にはコードが集中していてなかなかややこしいことになっていました。次回行ったときにそこの写真を撮ってこようと思います。

タマちゃん防水シート

防水シートといえば、前回タマちゃん防水シートは KMEW のウォーターガード III ではないかと書きました。その際に、納品されたウォーターガード III の箱に書かれた型番が B40113UTM と書きましたが……

タマちゃん防水シート型番

タマちゃん防水シートの型番を見ると、やはり B40113UTM でした。予想通り、KMEW のウォーターガード III だったようです。

次に下は LDK にあるルーフバルコニー下の天井です。

2016/01/09 配線類

前回書いたとおりカネライト 2 枚重ねで断熱した上で防水シートが貼られ、防水シートの境目には黒い防水テープで防水されています。

左側に見える灰色の電線がおそらく電灯用シーリングに接続される電線、右の橙色のチューブが電話線および 2 階と 1 階を繋ぐ LAN 用の空配管です。中央下側に見えるパイプは、バルコニーの排水管でしょうか。

カネライトが途中で切れているのは未施工のところで、ここはルーフバルコニーではないのでグラスウールが入るのでしょうかね……

2 階を覗いてみる

はしごで 2 階に上がるのはなかなか厳しかったのですが、覗き込んで写真を撮ってきました。

2016/01/09 2F

2 階天井に見えるのは小屋裏収納です。小屋裏収納ははしごを引き出す方式をよく見るかと思いますが、我が家の場合はそのまま階段で上る方式になりました。階段でいけるかどうかは、その市区町村によるそうです。

ただ、建築基準法上の制限で小屋裏収納の天井高さを 1.5m 未満にする必要があること、そして寄棟方式のため、小屋裏収納への出入り口の高さは 1m と、割と狭めになる予定です。

部材搬入

他に色々と部材が搬入されていました。

点検口

まず、これは床下点検口を兼ねる床下収納と天井点検口です。

各点検口

グラスウール

これは壁と天井に入れるグラスウール

2016/01/09 断熱材

天井は仕様通り 14k、155mm 厚のアクリアマットですが、壁は 10k 100mm 厚アクリアマットでした。ただ、熱抵抗値 2.3、熱伝導率 0.043 になっているうえ、商品番号が 00111236 になっています。

現行のカタログを見ると 10k 100mm 厚のものは熱抵抗値 2.1、熱伝導率 0.047、商品番号は 00109095 になっていてカタログに載っていません。搬入されているものの数値だけ見ると実質 14k なのでいいのですが、「ACM10」だけ見ると 10k と判断してクレームを入れそうですね。

ステンレスパイプと階段セット

次にこれは、クローゼット用のステンレスパイプです。

ステンレスパイプと階段セット

その左に見えるのは分かりづらいのですが階段セット。保管場所の関係もあってか、部材が搬入されると近いうちに施工されるので、階段が施工される日も近いということでしょうか。

フローリング部材

最後にこれはフローリング。

フローリング部材

我が家の場合、基本はオーガニックブラウンで、LDK のみライトチェリーにしてみました。

気になるところも

色々進捗はありましたが、一方で施工で気になるところもありました。

割れた柱材

特にここ。節に釘があたったりするとこうなるそうです。施工に問題はないらしいですが、念のため交換して貰うことになりました。

damecoder

コメントを残す