1

プロローグ(1) 5年前に買った建売住宅を売却する決断


長かったローン審査、今住んでいる建売住宅の売却および土地決済が済んだので、これから家が建つまでの経緯をブログに記録しておくことにしました。

まず最初に、なぜこのブログを始めたか、なぜ建売住宅を売って二世帯住宅にするかを書き留めておきたいと思います。

別のブログで 5 年前に建売を衝動買いした経緯を書いていますが、買った当時はぼんやりと最低でも 10 年は住むんだろうなと思っていました。実際住んでみると断熱に不満はあるものの、やはり私自身が戸建てで育ってきたこともあり、両親を引き取るには狭いにしても、引き取る事態になるまでには 10 〜 15 年はあるだろうと……

そんな甘い考えもあり、3 年前には 10 年分割で太陽光発電システムを載せたりしていました。まさか建売を買って 5 年後に事態が急転するとは考えもせず……

建売を買ってもうすぐ 5 年になる 1 月 27 日、ちょうど息子の状況を念頭に引越を考えつついくつか土地を見ていたその日、500km ほど離れた大阪に住む母親から 1 通のメールが入っていました。

メール

まさにまさかの事態、最悪バイパス手術しかできない状況ということは甘めに見積もってもステージ III です。バイパス手術のみであれば近い将来に母親のみが遺されることになりますし、摘出可能でも先はそんなに長くはないということが容易に想像がつきます。残された時間、同居で少しでも安心して欲しい、仮に父親が近い将来旅立つとしても近くで看取りたい、そういう思いで両親に電話をし、迷わず同居を打診していました。

ここから建売を売却し、二世帯住宅を準備する道のりが始まります。

damecoder

One Comment

匿名 にコメントする コメントをキャンセル